バスボート及び関連製品取り扱い

ボートには、自動車やオートバイの様に法定点検と言うものがありません。法定の中間検査や定期検査というものは有りますが、ボートの場合は法的な整備の必要が無いので、船体Noや備品の確認だけで検査を終わらせる人が殆どです。
 しかし、無整備のまま使用され続けてきたバスボートは、オーナーの自覚症状が無いままにトラブル等が進行している例が少なくありません。些細なトラブルに気付かず使用を続けている為に、致命的なトラブルにまで発展した例が数多くあるのです。なるべくトラブルを出さない事が、快適な釣りと安全な航行につながりますので、今までキチンとした整備をした事の無い人は、是非、点検と整備の実施をオススメします。
 あなたの大切なバスボートを、RESCUEが徹底的にチェックし、データ管理させて頂きます。早め早めのチェックにより、大きなトラブルの発生を抑える事が、トータルな維持費の削減と安全に繋がります。

続きを読む "バスボート及び関連製品取り扱い"